うまく活用して発症していることを理解するところから始めよう

サイトメニュー

費用のサポート

医者と患者

指示通りにやってみる

精神的なことで訴えることがあるうつ病ですが、身体的なことで訴えがおこるのが仮面うつ病と呼ばれるものです。心の病は老若男女誰でもかかる可能性が高い病気といわれていて、ストレス社会において放置をしておくと命の影響がある病気と位置づけられています。もしもの時のために正しい情報を得て知識を持っていることで対応することができますし、自身だけではなく家族や友人の助けになることもできます。仮面うつ病でも心療内科や精神科で出しているチェックリストを使って、今現在どのような状況になっているのか判断がつきます。医師のうつ病の判断をするためにもチェックリストは必要ですが、自分を見つめなおすためにもカウンセリングと同様にやっておくことです。うつ病は社会問題となっているので、費用なども自立支援医療制度を利用すると低所得者であれば一ヶ月2500円、高所得者では5000円位が目安となっています。そんなに大きな金額がかかることがないので、半年治療をすると考えても15000円から30000円と考えるとうつ病の治療は受けやすいです。心療内科などでカウンセリングを受けることで、診断されますが専門の臨床心理士もいますので安心して治療をすることができます。

骨折や風邪などの病気はどのくらいの期間で治ることがわかりますが、病気の中でもどのくらいの期間治療していいのかわからないのがうつ病の治療になります。特に仮面うつ病では動悸や頭痛、倦怠感というなんとなく体の調子が悪いことから異変に気がつきますが、精神的な状況がマヒしている可能性も考えられます。自分でわかりにくい場合には家族が気にして心療内科などへ連れて行くことになり、前もって準備をしておくことがあります。基本的に社会に出て働いている人は会社に連絡を入れて病院へ連れていく旨を伝えることや、病院でも予約の電話を入れておくことやチェックリストをネットでやっておくこともあります。病院からの指示があるのでそのとおりにやってみて、医師との連携をとって申込みをすることです。仮面うつ病などで睡眠障害を患っていることも考えられるので、専門機関でカウンセリングを受けることで安心するパターンも少なくありません。チェックリストで見逃してはいけないのは、もう一度職場復帰できるだろうかという不安から嘘をつくことです。本人に自覚をしてもらうことも大事ですし、臨床心理士や医師がはっきりと「焦らず治療」をしていくことを伝えることで安心して治療をすることができます。