うまく活用して発症していることを理解するところから始めよう

サイトメニュー

身体症状が強く出ます

診察室

カウンセリングや問診でチェックをします

仮面うつ病は、下痢や便秘を繰り返したり、胃の痛みを感じたり、動悸や息切れなどの体の不調が見られることが多いです。一般的なうつ病に比べると、精神症状よりも身体症状のほうが強く出る傾向があります。内科のクリニックを受診して、検査や診察を受けても体に異常が見られないことが多いです。内科の病院やクリニックで、精神科や心療内科を勧められて、病気を診断されることがよくあります。仮面うつ病のチェックリストは、インターネットのWEB上でも受けることが出来ます。気になる症状が複数当てはまる場合は、精神科や心療内科を受診することが大事です。仮面うつ病は、真面目で責任感の強い性格の人が罹りやすい傾向があります。人間関係や仕事、家庭不和などのストレスが罹り、仮面うつ病を発症することがあります。仮面うつ病が疑われる時は、精神科や心療内科では、問診やカウンセリングなどのチェックリストを行います。いくつかの症状が当てはまる場合は、治療を始める必要があります。体の症状が強く出るので、うつ病の発見が遅れることもあります。意欲や気力が低下してしまい、何もする気が起きなくなったり、症状が悪化している場合は、早めに治療を開始することで回復しやすくなります。

仮面うつ病は、身体的な症状が強く出ることが多いため、本人はうつ病だと気づいていないこともあります。うつ病は怠けや甘えなどと誤解されることもありますが、精神疾患のひとつなので適切な治療を行うことが大事です。精神科のクリニックや心療内科では、体の不調が出ている場合は内服薬を処方してくれます。一人一人の症状に応じて、抗うつ剤や睡眠導入剤などを処方してくれます。病院やクリニックで、問診などのチェックリストを受けることが大事です。インターネットでチェックリストをした時は、データを医師に見せるのもお勧めです。一人一人の体調や症状の重さには違いがあるので、最適な医薬品を処方してくれます。現代は優れた医薬品が開発されているので、比較的副作用の少ない商品を処方してくれます。決められた分量をきちんと守って服用することが大事です。薬を服用すると、少しずつ症状が改善してきますが、再発を防ぐために自分で減薬をしたり、中断をするのは避けることが大事です。仮面うつ病は決して珍しい病気ではなく、誰でも罹る可能性があります。病気が診断されたら、十分な休息や睡眠を取ることも大事です。適切な治療を受けることで、休職をする必要がなく、外来による通院が出来ます。