うまく活用して発症していることを理解するところから始めよう

サイトメニュー

見た目でわかることも

チェックリスト

様々な症状がでてくる

日常生活を営んでいて気持ちがなかなか晴れないとか、なぜか落ちこんでしまう人はうつ病を疑ってみることです。また今までは趣味なども積極的に取り組んできたのに急に興味がなくなったり、行動するのが面倒だと感じるようになってしまう人もいます。見た目でわかりやすいのは、食欲がなくなっていることや眠れなくなるなどの睡眠障害も出てくるので、家族によって気がつくことも少なくありません。実はうつ病の中でも種類があり仮面うつ病というのが問題で、これは食欲不振や睡眠障害などの身体的特徴が主だった症状になって現れます。初めての人はチェックリストをやってみることで自分の状態が客観的にわかってくることから、仮面うつ病などの症状がわかります。そして大人だけではなく子供でもなりやすい、うつ病のチェックリストをやるときには、まず時間に余裕があるときにやってみることです。なぜ時間をかけたほうがいいのかというと、体重増減などは数値でわかりやすいですが、自分の価値観などの項目はすぐにでないことや、安易に答えないことで診断が正確になります。初めての人は自分で判断ができないことが合った場合には、うつ病専門の精神科や心療内科で見てもらうことがベストです。

これらの精神的なことよりも身体的な特徴がでてくる仮面うつ病では、チェックリストを使って自分や家族の状態を知ることができます。うつ病など注目されているのは、価値観の変化やネットなどの発達によってコミュニケーションや情報が早く伝達することで、ストレスを抱えやすい社会になっているからです。そして、近くいれば家族が気がつくことがありますが、遠くに離れているとどのような状況なのかわからないことも多くあります。本人の気持ちに問題があると結論づけてしまう人では、無理に学校や仕事にいかせたり外出や運動をすすめたりするケースも報告されます。仮面うつ病などの症状を知るには、やはりチェックリストをやってみて、心療内科などの専門病院で診断を受けることが悪化させない方法です。仮面うつ病にかかってしまった本人はもちろん、周りの友人や家族がサポートをするには、本人に無理強いしないことがあります。あくまでも提案の補助としてアドバイスをすることや、真面目な人は洗濯や掃除などルーティンを守ろうとしますが、やってあげることも精神的な助けです。今までわからなかった気持ちがわかるので、病院へ行く前に仮面うつ病のチェックリストは注目されている方法といえます。